株式会社ダイキンサンライズ摂津

  • 文字サイズ変更

環境指針

私たちは良き企業市民として地球環境に配慮して行動します。

(株)ダイキンサンライズ摂津は空調機部品の組立、油圧機器の機械加工及び組立、空調機の解体・分別、フッ素系化学製品の小分け充填を行っており、製造した製品の全てをダイキン工業(株)及びその関連会社へ納入しています。
(株)ダイキンサンライズ摂津は、ダイキン工業(株)の特例子会社として、障害のある人を雇用し、社会に貢献している企業であることから、環境改善に取り組むことも責務と考えます。
ダイキングループとして、パリ協定に賛同し2050年に向けてCO2排出ゼロを目指していく長期ビジョンを示しており、(株)ダイキンサンライズ摂津でも再生可能エネルギーの活用と製品のライフサイクル全体を通じてのCO2削減に協力して取り組んでいきます。
社員全員参加で取り組むことが会社の活性化にも繋がると考えて次の取組みを行います。

  1. 当社の活動、製品に直接係わる環境側面を認識し、その評価を踏まえて環境目的、目標を設定して業務と一体化して取り組み(本来業務報告会・アクションプラン)環境マネジメントシステムの継続的な改善を行い、さらなる向上をはかります。
  2. 環境に関する法令、条例、協定の要求事項及び顧客、地域からの受入れを決めた要求事項を含む順守義務を特定し、これを満足していきます。
  3. 当社の環境側面のうち、次の項目を重点に取り組みます。
    • フルオロカーボン排出の削減

      空調機解体作業に伴うフロンガス回収作業の回収率向上のため、回収機の性能維持と向上、作業性改善案等を立案し、回収率92%以上を維持します。また回収した冷媒の再生利用に協力します。Dfctを導入し自社空調機の管理とフロン排出抑制にも努めます。

    • 省エネルギー

      空調、照明、製造設備の電力消費を監視し、本来業務の生産性向上と品質改善に取り組むことにより、省エネルギーを図ります。また、BEMS・ITMの実績を基に、デマンド制御をきめ細かくして空調機使用電力の削減を図ります。事務所棟ではソーラーパネルと節電効果のある空調機を導入し、効率的に活用していきます。2021年度目標は2020年度CO2排出量を絶対値とし、維持することとします。

    • 排出物の削減

      購入品から出る廃棄物の取組みは、2020年度の実績を絶対値とし維持します。
      さらなる改善活動は進めます。

    • 水の削減

      植木等に散水する水は貯水槽からの水を使用し、上水道の水を削減します。

  4. 地域清掃の拡大、ビオトーププロジェクトを発足し、生物多様性の取組を推進します。

  5. グリーンカーテンの育成を行い、地域、社会に貢献します。

  6. この指針は全従業員に周知徹底し一般に公開します。

2021年4月1日

代表取締役社長

澁谷栄作

初版作成 2001年1月9日